月別アーカイブ: 2011年10月

作品展案内状のデータ入稿

11月30日からの作品展の案内状作りでイラストレーターと格闘すること数日。

ものすごい昔に購入したイラストレーターとフォトショップだけど、いまだに使っている。もう少し安かったら最新版も欲しいんだけどな。
なにぶん、イラストレーターは全然使いこなせていないので(どちらかといえば普段はフォトショップを使用)、だんだん締め切りが近づくにつれて心の余裕がなくなってくる。(ついでに削れるところは睡眠時間だけなので、こちらもどんどん少なくなってゼロに近くなってくる)
気持ちが焦ってくると何もかもが裏目に出るときもあって、自分の管理能力のなさに落ち込んだり(でも、落ち込む時間的余裕すらないほど焦っている)、普段はやらないであろうミスを連発したり。

各方面に迷惑をかけまくったけれど、本日無事に入稿。
お世話になる印刷屋さんのチェックでも不備なしとのメールに一安心で、何日かぶりで鍋でお湯を沸かしてコーヒー(普通のインスタントの粉をマグカップに入れて鍋のお湯を注ぐだけです・・・)を飲んだ。
いや~、お湯を沸かす手間の時間ももったいくらい焦ってた。
きっと、ものすごい素人がゆえに時間もかかる、焦る、つまらないミスを連発、余計に焦る、という悪循環。

まだまだ修行が必要です・・・。

さて、少しスッキリしたところで、次の締め切り作業だ!

これは締め切り作業ではないけれど、入稿後、印刷屋さんからの返事待ちで作ったもの。

20111029-1

小さな糸玉たち量産中。大きいもので直径1センチぐらい。
この他にもループ糸でも作ったけど、出来上がってみたら大切な部分の「穴」がループで隠れてしまってどこにもない!
何故にループだけ・・・。

小さい小さい糸玉

20111025-4

少し前に作っていた、小さい(というかミニミニサイズ)の糸玉。

一緒に写っているのが、普通のウッドクリップなので、糸玉の大きさは5ミリから1センチぐらい。
試作としては、まあまあかわいい感じに出来たと思う。
もちろん、糸を編みや織りに使うのではありません~。

最近小さいサイズのものに興味があり、自分のことを手先が器用だとはとても思えないのですが、ついつい試作を重ねてしまいます。

綿の実、やっとはじけ出しました

やっと、綿の実が一つ はじけました。
これで、一安心かな~。たとえ収穫数が少なくとも、種が採れれば来年また蒔くことができます。
この白いふわふわをほぐすと、中に小さな種が入っているのです。

きちんと真っ白なふわふわになっています。

20111025-1

下はまだはじける前の実。
触ってみると結構硬くて「この中にあのふわふわが入っているのか?」と思うほど。
一体、どの時点でふわふわが出来上がるんだろう・・・。不思議です。

20111025-2

まだ、花が咲いているものもあります。
しっかり実になってふわふわになるんだよ~。

20111025-3

ふわふわマフラーたち

20111022-1

ふわふわマフラーたち、まだお湯に通してないので、少しふんわり感じに欠けますね・・・。
全て草木染めの糸です。
彩度を抑えた色合いなので、色を並べても隣の色とかみ合ったりすることがないのも、草木染めのいいところかもしれません。

あまり長くないミニマフラーなので、ピンで留めるか、ひも状のものを付けて通すか・・・考え中です。

りんどうの花

20111019-3

りんどうの花の濃い色が好きです。
少しだけ青紫っぽい色。

花屋さんに行くと、昔はなかった珍しい色や形の花がさくたんあって見入ってしまいます。
秋は濃い色が多いのかな。花も木も。
彼岸花も大好きなのですが、あまりイメージが良くないのか、同じ「好き」という人に出会ったことがありません。残念・・・。