月別アーカイブ: 2011年9月

ハーブティー染めの毛糸

20110925-1

ハーブティー染めの毛糸

これも画像だと色が難しいのですが、薄ベージュミルク色、といった感じでしょうか。
白ではないけれど優しい色は、他の色との相性も良いしあわせやすい。
はっきりした配色の差し色として使ってもアクセントになりそうです。

少し涼しくなってきて、色を考えるときも秋めいた色あいや、冬の雪が降るときの色あいを想像するのが容易になってきました。・・・単純な人間です。

打ち合わせの店内

20110924-2

日曜日に個展やクラフトカフェなどの打ち合わせと納品で、鎌倉のheart fieldに行ったときの店内です。
あまりにも打ち合わせに夢中で、ほとんど写真を撮らなかったのでこれ一枚です。

少し秋めいた優しい光が入る店内は、草木染めの糸や小物たちに囲まれて、別空間のようです。
(自分の部屋もこのくらいスッキリとしていたらいいのですが・・・)

お店は一軒家になっているので、庭があったりウッドデッキがあったりします。
思わず「おじゃましま~す」と言ってしまいそうになります。
店舗用の造りではないため、玄関で靴を脱いであがるので少し面倒かもしれませんが、個人のお家に遊びに行っているようで慣れるととても落ち着いてきます。
私は、フローリングの床にペタッと座って糸をじっくり見たりして、これがとても好き。
(ご希望の方には、きちんと椅子も用意してあります)

この写真の後ろ側が個展のスペースになるのですが、柔らかいお店の雰囲気を壊さないように作品作りもエンジンをかけていきたいと思います。

鎌倉は美味しいお店や雑貨やさんや、勿論観光で見るところもたくさんあるので、行くたびに「今度は帰りがけにここに行ってみようかな」と思うのですが、いつも帰宅時間ギリギリまで店内にいるので、なかなか鎌倉廻りが出来ずに残念。
これから秋になり、歩くにもいい季節になるので、また計画を立ててまわってみたいと思っています。

あかね染めの毛糸

20110924-1

あかね染めの毛糸です。
画像だと色合いがなかなかうまく出ないのですが、あずきミルク色という感じでしょうか。
とても微妙で穏やかな色です。

少しボコボコしている糸ですが、これが編んだり織ったりすると独特の風合いを出してくれます。

11/30からの個展の作品にしようと思います。う~ん、ミニマフラーで優しい雰囲気にするか、織り布をミシンで加工して小物にするか・・・迷います。
何とかこの「色」を訴えるものにしたいのですが、1色がいいのか、他の色と組み合わせた方がより際立つのか、実際に織ってみないと分からない部分もあるので、余計に難しい。

ビオラの花染め

20110923-2

これは、 Heart Field の「ビオラの花染め」の毛糸(中細)です。

きれいな透明感のあるグリーンに惹かれて手に取ってみたら、珍しい染め植物でした。気になったものは、即!購入しておかないと、二度と出会えないかもしれないので、そのままレジに直行です。
草木染めの場合、同じ植物でも同じ色を出すのは非常に難しいうえ、 Heart Field の糸は、在庫限りの染めもあるので、「次」がないかもしれないのです。
勿論、化学染めのメーカー品も廃番はよくあることですし、ロット番号が違うと微妙に色合いが異なったりするので同じかもしれませんが。

私は、緑やグレーが好きなので、渋~い色合いの配色になることが多いのですが、このグリーンを使ったら優しい透明感のある織りになりそうで、手持ちの糸を引っ張り出しては配色をあれこれ考えています。

ループの糸の使い方

20110923-1

日曜日に Heart Field での個展その他の打ち合わせのときに、仕入れてきたループ糸。
左が「コチニール染め」、右が「あわだち草染め」です。

ループの糸は、糸玉で見ているのが一番かわいらしいような気もしますが(織りにうまく使いこなせていない・・・)ポイントで使ってみると効果的かな~。
手編みの場合は、ループ糸のみでザクザクと編むと効果的かも。
Heart Field にこのループ糸のミニマフラーのキットがあって、私も編んでみましたが(編みはあまり得意ではありません)、ザクザク編みで不思議に表情のあるミニマフラーが出来ました。
ミニマフラーの場合、糸も思ったよりも少なくて済むので(キットで756円)、自分用にもプレゼント用にも気軽に編めて豪華に見える、もってこいの糸なんです。

使わないうちは飾っておくのも棚のポイントになっていいですね~。
(草木染めのため、直射日光や長時間の蛍光灯の光などは要注意ですが)