気力上下

気力が出ない。
というか、上下の高低差が激しすぎる。
体調と連動というか、双方が引っ張られている感じ。

どうしても必要なことがあれば身体は動くけれど、全体的にぼーっとしているというか、もやがかかっているというか、どろーんとした感じ。

ブログを復活するにあたって、コメント欄は消して、でも何かアクションはあるといいかもしれないと思い、拍手ボタンを設置。
3つぐらいプラグインを試して、ようやくきちんと表示された。こういうところでも、もう1つのものを詳しく見て中身をいじって調整するという気力がゼロに近い。
表示、うまくいかないなあ。次、行ってみよう。いつかは表示されるかも。というループを繰り返す。
どちらが時間的節約ができるのかはわからないけれど、まあ、こういう細々とした気力体力の無さが、老化への一歩なのかな。

急速にいろいろと自分の中のものが低下しているけれど、それは消耗や浸食が激しすぎて低下しないと維持できないというサインでもあるかもしれない、と前向きに考えておこう。

どこか、どこでもいいけれど、自分だけの空間で自分だけの自由で、何日か過ごしてみたい。
ビジネスホテルでもいい。部屋の窓からきれいな景色など見えなくてもいい。ただし、ネットがないときつい。スマホが使えるところならいいや。
外食に出て自分の食べたいメニューを選び時間を気にせずにゆっくり食べて、夜になったら何も気にせずに目覚まし時計が鳴るまで寝たい。
不安も不満も切り離された空間で。

白い月

夜になる前の白い月が好きだ。
ひんやりとしていて、ひっそりとしていて、孤独で。
真っ暗になってから広く夜空を照らす光よりも、白く寒々とした月。

すっかり夏の暑さが続くけれど、まだ蝉も鳴いていないし、いまなら夜中にバルコニーに寝転んで星空を見ながら寝てもいいかもしれない。
星空としては、冬の方がきれいだし、星もたくさん見えるのだろうけれど、なにしろ寒い。

自然、特に空は、画像や映像で見る印象と自分で見る印象との差が大きいように思う。
山登りは避けたいけれど、人工の光の少ないところで天の川とか一面の星とか、見てみたいなあ。

数年ぶりに読みたかった本を読む

ずっと読んできた作家さんの新刊を読みたくて買い、数十ページ読んで、そのままになっていた本の続きを読んだ。
2015年に買った本だから2年弱が経っていた。

最後まで読めないなんて、今までなかった。
大好きな作家さん。
でも、どうしても読み進めることができなかった。

数日前に、ふと「そうだ。読もう」と思った。
そして、一日で読んだ。
それはもう、するすると、流れるようにページをめくり、内容も心にしみこんだ。
自分で自分が不思議でしかたがない。

でも、きっと読めなかったときは、最後まで義務のように読んだとしても私の心には何も残らなかったと思う。
いまは、私の心が読む状態になったということなんだろう。

人間の(動物も)脳や心は、光の届かない海の底のように深くて、太陽より眩しく、風のように不安定だけど、きっとそれでもいいんだと思う。

コーヒーには牛乳

前にタリーズに行った。

IMG_2002

タリーズって、コーヒーに牛乳を入れようと思ったけどなかった。気がする。前から?
まあブラックでもいいけどさ、ちょびっと牛乳とか豆乳とか足したかったので、少しがっくり。

というわけで、それからはカフェラテ系を頼む。

私はやっぱりドトール派かなあ(牛乳は置いてないけど)

入力の問題

昔からキーボード操作や入力が大好き。
肩こりとかの問題を除けば、一日中キーボードを叩いていても何のストレスもない。
でも、ノートパソコンのキーは薄くて叩きにくい。反応も遅いし。

どんなに叩いても壊れないキーボードで、膨大な量のデータやら文章やらを入力したいなあ。

IMG_1803_2

ずーっと、ずーーっと放置していたので、wordpressの使い方、なーんも覚えてなかった。
ささっとスマホで入力できるようにしないと、きっと更新もまたしなくなってしまう。
久しぶりにノートパソコン使うと、やっぱり慣れている「画面」「キーボード」「マウス」の3点セットは安心するな。
スマホは手軽だし、いつでもどこでも操作できるのは、とても魅力的だけれど。